中学受験が増えています

昨今、中学受験を目指すお子さん、親御さんが多いようです。
受験が必要な中学校は一部の公立学校もありますが、ほとんどが私立学校になるでしょう。
何故公立の中学校でなく、受験の必要な私立中学校を目指されるのかと言うと、実績のある高校への合格実績が高いことが理由の一位でしょう。
私立中学と公立中学での授業のカリキュラムが全くもって異なり、私立の方はある意味、高校受験のためのカリキュラムが組まれます。見方を変えると、学校と名の付く塾のようなものかもしれません。
実際、公立に通いながら実績ある高校受験を目指す場合は、学校とは別に塾通いが必要になってきます。
実績ある高校への進学は、さらなるいい大学への合格実績へとつながるでしょう。
他には、公立中学の教師の質低下が囁かれています。
公立の教師はサラリーマン化してしまって、やる気のある教師とやる気のない教師の差が著しいこともあるようです。
公立の学校では、教師の選別は難しいからです。
生徒自体の質の問題も、公立の学校には発生しやすい傾向があります。公立では生徒の受け入れ拒否はできないからです。
もちろん、これらが親御さんやお子さんが中学受験を目指す原因全てではないと思いますが、大きな要因かと思います。