塾の合宿後勉強後に勉強を楽しそうにやっているのを見て受験させることにした今野(仮名)さんの体験談

家の子供はもともとそんなに勉強が得意ではなかったのですが、塾に通うようになり小学4年生の時に参加した塾の合宿後から勉強を非常に楽しんでやるようになった姿を見て、自分のせっかく学んでいるものを形として成果に表すのもいいのではないかと思い、中学受験を考えるようになりました。
子供に中学受験を受けてみてはどうかと話をしたところ、勉強が好きだしもっともっと勉強したいとびっくりするような返事が返ってきたので、本人もやる気だし中学受験をさせることにしました。
もちろん本人の意思が一番だという教育方針なので、受験までに本人の気が変われば仕方がないと思っていましたが、本人の気持ちは分かることなく小学6年を迎えました。再度本当に中学受験をするのか聞いたところ、自分の実力を試してみたいし志望校でやりたいことがあると頼もしい答えが返ってきました。
偏差値は50台前半の中学校だったので、本人の力を出し切れば十分いけると塾でも言われていましたし、本人も自信を持って臨めたようです。
頑張ってきた努力はしっかり実を結び、合格することができました。本当によく頑張ったと思います。