中学受験のために1日4時間勉強して偏差値40台から50台後半になった矢野(仮名)さんの体験談

娘は中学受験をするべく進学塾に通っています。
中学受験対策をしだしたのは小学校4年生の時で、この頃には親としても公立の中学校に行かせることに少し悩みだしました。
学区内の中学校は生徒が少し荒れているという噂を聞いて、娘にとって学習するのに最適な環境なのかとても疑問を持つようになったからです。
そのため中学受験をさせることにしたのですが、最初はなかなか授業についていくことが出来ず、偏差値が40台でした。
まずは塾の勉強に慣れることから始めたので、学校から帰ったら最低4時間は机に向かわせることにしました。
はじめこそとても抵抗しましたが、だんだんと勉強が楽しくなってきたようで、学校の宿題はもちろんですが、塾の予習復習などをしっかりとやるようになりました。
そのおかげもあってか、今では偏差値が50台後半まで伸びてきたので、娘の頑張りには親としてもとてもビックリしています。
これからも焦らずゆっくりと勉強していって欲しいです。