独特のカリュキュラムがある中高一貫校を受験させた早川(仮名)さんの体験談

娘が中学に進学について主人と話をするようになりました。女の子なので、しっかりとした学校の環境の中で学ばせた方がいいのではないかということを話しました。中学受験をすることを視野に入れて色々な学校の資料を請求してみました。気になった学校のオープンスクールには行ったりして志望校を決めていきました。娘が通う学校なので娘の意見も尊重をして選びました。娘が行きたいと思った学校と私たちが通って欲しいと思っていた学校が一致したので、中学受験をすることになりました。中学受験で選んだ学校は、独自のカリュキュラムのある中高一貫校を受験させることにしました。受験に取り掛かるのが遅かったので少し心配しましたが、娘自身もとても頑張って勉強をしていました。最初は塾に通っていましたが、他の人のペースに惑わされて勉強しづらいということだったので、家庭教師をつけました。それから成績がどんどん伸びて無事に合格を頂くことができました。