中学受験のため1日4時間勉強する事を意識していった結果毎日の学習習慣がついた杉浦(仮名)さんの体験談

娘は中学受験をするべく塾へ通っています。
受験勉強を始めたのは小学校5年生の頃でしたが、初めはなかなか勉強することになれず授業についていくのがやっとでした。
元々負けず嫌いだった娘は自分が授業についていってないことが分かると、学校から帰ってから1日4時間勉強することを目標とし、それを意識して学習習慣をつけていきました。
その結果、親が何も言わなくても1日最低4時間は勉強するようになり、それからどんどん成績が伸びていきました。
中学受験を意識しだしてから娘の生活態度が一変したので、親としては良いきっかけになったのですがないかと思っています。
初めこそ授業についていくのがやっとでしたが、今では偏差値が70くらいの志望校を目指せるようになっているので、娘は親の期待以上に頑張っていると思います。
中学受験は子供だけでなく、親も一緒に頑張らなければならないので、これからも親子で一緒に乗り切っていきたいと思っています。