中学受験で塾に行く利点:競い合う事ができる

小学生のお子さんに中学受験をさせることを決めたら、どのような環境で受験勉強をさせればいいのか考えるところかと思います。通信教育を利用して保護者の方が自分でお家で勉強を見たり、家庭教師のみで対策を取るということも1つの方法です。しかし進学塾へ行かせることのメリットの1つとして、進学塾では中学受験と言う同じ目標を持ったライバル達と競い合うことができると言う点があります。小学校のクラスには勉強が得意な子や好きな子から、嫌いな子、苦手な子、体育ばかりが得意な子と、いろいろな子がいます。このような環境で勉強するのも、お子さんのバランスのとれた発達の上ではもちろん重要です。しかし一方で、中学受験対策として進学塾へ行けば、当然同じクラスには中学受験を目指している生徒たちばかりがいます。同じ目標を持ったライバルたちと切磋琢磨して同じ目標に向かってがんばって競い合う、という経験は、お子さんを大きくたくましく成長させてくれる経験にもなるでしょう。ライバルたちとともに競い合うこと、がんばること、このような経験ができるのも、中学受験のだいご味の一つです。